Weblog

釧路公立大学横のフレンチ?ポークジンジャーロコモコ!編

こんにちわ

今日はちょっと、ランチのメニューについてお話を・・・

カジュアルフレンチレストランをうたっているナチュールですが

ランチメニューのメインは、ロコモロ関係です

フレンチでロコモコ?

ってなりますよね

実は店をオープンさせる際に、最初にメニューを作った時は

 

ポークブレゼ ジンジャーソース サラダ添え  現(ポークジンジャーロコモコ)
アッシェドブッフ 和風ソース サラダ添え   現(ハンバーグロコモコ)だったんです

レシピや作り方は変わっていません

わかりずらい表記よりも、親しみのあるほうがいいかな?
と思って、今のロコモコって感じにしたんです。

ロコモコは本来、どんぶりですので、お皿に盛ってるので、ロコモコ風が正しいかもしれませんね。

ポークジンジャーロコモコ
日本語だと 豚の生姜焼き丼 かな?

だとしたら、和食ジャン!ってなるかも

でも、僕のやり方は・・・・

豚肉に塩・胡椒・小麦粉をつけ、フライパンで、焼き色を付けます
そこに、白ワイン、おろしたショウガを、加えて蓋をして、弱火でコトコト火を入れます。
仕上げに、自家製和風ソースベースを加え、肉を取り出し、ソースを仕上げているのです。

簡単に言ってしまえば、豚の生姜焼き丼

この中には、僕なりのフレンチの技法が詰まっているのです。

ほかのメニューもそうなのですよ!

だから、時間がかかるのも事実!

手を抜いて、早くすることは可能ですけど、
僕自身が、それを許せないのですよね

少しずつ、当店のメニューの裏話を披露していきますね

 

 

コメント

コメントを残す